賃貸まめ知識 大家と不動産会社について

大家と不動産会社

入居希望者にとって、不動産会社選びは重要だ。
親身になって一緒に部屋を探してくれる不動産会社は入居希望者にとって大切なパートナー。
良いパートナーにめぐり合えれば、大きな助けとなるだろう。
大家にとっても、不動産会社選びは非常に重要。
入居希望者にとって、不動産会社は一時的なパートナーだが、大家は違う。
継続して繋がりを持つパートナーだ。
その点では入居希望者よりも、大家の方が不動産会社との結びつきは強い。
不動産会社にも幾つか種類がある。
物件を入居希望者に紹介する業者。
物件を管理する業者。
その両方を行う業者など。
多くの場合は、両方のサービスを展開している業者が多いようだ。
また、不動産会社が直接所有している自己物件を扱っている業者も多い。
そのような業者の場合は、自己物件を優先して紹介するので、大家の物件紹介が後回しにされるケースもある。
大家からは不動産会社の苦情を聞くことが多い。
その声をたどる事は、良い不動産会社にたどり着く有効な手がかりとも言えるだろう。
管理費に見合った働きをしていない。
こう考える大家は多いようだ。
不動産会社にとって、大家の物件は所詮他人の物件。
最低限の手間で、管理費をもらおうという心理は理解できる。
最初だけ対応が良くて、その後は対応が悪いと言う大家も多い。
入居者のクレームを対応してくれない。
クレームは賃貸の深刻の問題点のひとつ。
騒音、水漏れ、設備不良など、真っ当なものから言いがかりのようなものまで。
入居者から様々なクレームが寄せられる。
それに対応するのは非常に骨の折れる作業だ。
その為に管理費用を払っているのに、対応してくれないことへの苛立ちは募る。
お金のかかるアドバイスが多い。
空室を埋める為にアドバイスをしてくれるものの、内容がお金をせしめることばかり。
設備改善の為の費用請求、より大々的な広告への費用請求など。
提案は様々だが、いずれも不動産会社の懐が潤いそうなことばかり。
よく聞く苦情について述べてみた。
大事なのは事前の情報収集、それによってトラブルを回避できる場合も多い。
それでも、そんな不動産会社に当たってしまったら、思い切って頼る会社を変えてみることも必要だ。
注目情報